オーガニック化粧品って本当に良いの?デメリットは?

肌に優しいとされるオーガニック化粧品ですが、本当にケミカル化粧品よりも良い効果が得られるのか疑問に思った事はありませんか?

「化学成分が含まれていないから安心で良い」と言われて何となく納得できても、オーガニック化粧品は良い事づくしでデメリットはないのでしょうか?

オーガニック化粧品の良さと、知っておきたいデメリットをまとめてみました。

オーガニック化粧品の良さherb

茶色の丸 石油成分で肌が荒れるリスクが少ない

オーガニック化粧品は化学成分を極力使わず、オーガニック原料を使っているので、ケミカル化粧品では肌トラブルが起きてしまう方にも使いやすいです。

ただ、日本にはまだオーガニック化粧品に対する明確な規定がないので、オーガニック成分が含まれていれば、石油由来成分が含まれていてもオーガニック化粧品と言うことができます。

もちろん、しっかりと天然由来成分のみで作っているオーガニック化粧品もあります。良いオーガニック化粧品を使うためには、消費者にもこれを見極める目が必要とされているのが現状です。

 

茶色の丸 香りの力でも肌をキレイにする

オーガニック化粧品は合成香料は使われていませんので、化粧品の香りは有効成分として配合している精油などの香りです。

香りには脳に心地よい刺激を与える事の心理生理作用と、直接体に取り込まれる事による薬理効果の2つがあります。精油などの香りは揮発性の分子なので、肺からも取り込まれて血液中に成分が入り、体や肌に良い効果をもたらします。その分、精油の取り扱いには注意も必要とされているのですが、オーガニック化粧品に配合されている精油は厳選されていますので安心です。

オーガニック化粧品の香りは、気持ちをリラックスさせるだけでなく、有効成分の1つとも言えると思います。

 

茶色の丸 肌本来の力を引き出す

オーガニック化粧品はケミカル化粧品のような、至れり尽くせりのケアとは違った観点の化粧品です。

肌には元々再生能力が備わっていますが、現代社会は忙しくストレスも多いため、その再生能力が発揮できていない状況です。

オーガニック化粧品は、過剰なケアを避け、天然成分の力で肌本来の働きを活性化していく化粧品なので、肌力向上に効果があると言われています。

オーガニック化粧品のデメリットherb

茶色の丸 肌に合う合わないの個人差が大きい

オーガニック化粧品は天然成分で肌を元気にするものです。植物成分は良い効果ももたらしますが、人によってはその成分が肌の刺激になることもあります。

どの成分が効果的で、どの成分が肌の負担になるかは個人差が大きいところでもあります。

オーガニック化粧品は会社によって有効成分も異なるので、特に肌が敏感な方は、自分に合う成分を配合しているオーガニック化粧品を探していくことが必要かもしれません。

 

茶色の丸 使用感がイマイチ?

オーガニック化粧品の課題となっているのが使用感です。

合成界面活性剤やポリマーを使用せず天然成分のみで作っているオーガニック化粧品は、ケミカル化粧品に比べて使用感が落ちる傾向があります。

最近は、天然成分で使用感も良くする研究も進んでおり、一昔前に比べると使用感も格段に良くなっていますが、最初は違和感を感じる方もいるかもしれません。

 

茶色の丸 価格が高い

オーガニック化粧品は有機栽培の原料を使用したり、天然原料から成分を抽出するため、化学成分に比べて手間とコストがかかります。

それため、オーガニック化粧品はケミカル化粧品に比べ、価格が高くなってしまいます。

「続けられなければ意味がない」と、価格にもこだわったオーガニック化粧品が登場していますので、今後に期待です。

 

茶色の丸 使用期限が短い

合成成分の防腐剤を使用せず、植物の力で防腐効果を得ているオーガニック化粧品は、一般的な化粧品に比べて使用期限が短いです。

化粧品にもよりますが、開封後は2ヶ月くらいで使い切る必要があります。また、保管場所も冷暗所としているオーガニック化粧品も多いですね。

でも、普通に使っていれば2ヶ月あれば使い切りますので、あまり神経質なる必要もないかと思います。

オーガニック化粧品は開封前の使用期限も、一般的な化粧品に比べて短い場合が多いです。そのため、長期間在庫として取って置くことはできないので、一度にたくさんの化粧品を作らない会社も多いです。これはコストが高くなる要因の1つでもありますが、その分新鮮な状態のオーガニック化粧品が届く事は嬉しいです。

 


まとめ

オーガニック化粧品は誰にでも良い効果をもたらしてくれるものではありません。ただ、自分の肌に合うオーガニック化粧品に出会えれば、敏感肌でも安心して使うことができ、肌本来の力を呼び覚まして強い肌へと導いてくれる救世主になってくれるものだと思っています。

オーガニック化粧品を使う時には「オーガニック化粧品」という名前だけでなく、成分にも気を使って選んでみましょう。そしてあなたの肌に最も合うオーガニック化粧品に出会えたとき、今までの化粧品とは違う安定感のようなものを感じられると思います。

>>オーガニック化粧品ランキング

肌に優しいオーガニックコスメ