要注意!夏の肌の乾燥が肌年齢を上げている!

夏は汗で肌がジメジメしているから、乾燥なんて関係ない!と思っていては要注意です。

夏に肌の疲れが見えたら、それは乾燥が大きな原因になっています。

夏の乾燥肌を放置していると、肌年齢を上げることにもつながりますので、表面的に乾燥が見えない、夏こそ注意が必要なのです。

夏の乾燥肌を加速させる原因herb

check① 紫外線ダメージ

夏は紫外線ダメージが大きくなる季節。

夏だけでなく、5月~9月は日焼け止めクリームを念入りに塗って、しっかりとケアしたい時期です。

紫外線は肌の表面の角質層にダメージを与えてしまいます。

角質層がダメージを受けた肌は、紫外線から肌を守るために肌を厚くしていきます。

すると、角質層の内部にたくさんの隙間が生まれ、保湿機能が低下してしまいます。そして、結果的にお肌の水分はどんどん蒸発してしまうのです。

 

check② エアコンによる乾燥

夏の室内ではエアコンを使用しますよね。

電車内、お店、オフィス、スーパー・・・夏はどこに行ってもエアコンで室内が冷やされています。

しかし、エアコンを使っている室内はとても乾燥しています。

特に男性が多いオフィスでは、省エネ志向が強くなっているとはいえ、ガンガンエアコンをつけている場合も珍しくなく、女性には辛いですよね。

 

夏は外に出ると暑くて汗をかきますが、室内に入るとエアコンで乾燥します

肌にも同じことが起きています。

汗で湿った状態と急激に乾燥する状態を繰り返すことで、肌のダメージは蓄積され、どんどん乾燥していきます

夏の肌の乾燥対策herb

夏の乾燥肌を放置していると、肌の乾燥が進み見た目年齢も上がってしまいますので、数年後の肌のためにも今しっかりとケアしたいですね。

肌の乾燥を感じると、よくミスト型の化粧水をお顔にかけている方がいますが、あれは逆効果です。

ジメジメと乾燥を繰り返し、化粧水が蒸発する時に肌の水分も一緒に奪ってしまう結果になりますので、やめておきましょう。

 

では、どうするか!?

スキンケア時の保湿を変えていくのが、乾燥肌から抜け出す一番の近道です。

しかし、ただ闇雲に化粧水をつけて、クリームを塗っておけば良いわけではありません。

 

夏は肌もお疲れモード。

肌になるべく負担をかけない形で肌に水分を与え、保護することが必要になります。

夏のスキンケアには、オーガニックの化粧品を使用するのがオススメです。

オーガニック化粧品は、肌本来の力を取り戻し、肌が自分の力できれいにしていくという考え方で作られています。

目先の見た目でなく肌を元気にしてくれるので、夏のダメージ肌回復に適しているのです。

保湿=クリームと考えている方も多いですが、夏は冬のようにベタベタするのは不快ですよね。

この点も、オーガニックのスキンケアなら余分なベタつきなく、肌に必要な分の保湿ケアが的確にできます。

オーガニック化粧品を使うと、最初は物足りなさを感じる方が多いのですが、使っているうちに同じケアで十分になってきます。

これこそが、肌の力が回復してきた証拠です。


まとめ

夏の肌は乾燥します。

乾燥肌は冬だけ!という誤った認識を、見つめ直す必要があります。

「水分を与えておけば乾燥しない」と思われがちですが、水分の与え方によっては逆効果になってしまうこともありますので、注意したいですね。

夏の弱った乾燥肌は、オーガニック化粧品で肌耐力をアップされてあげるといいですね。

オーガニック化粧品に抵抗のある方もいると思いますが、今のオーガニック化粧品はとても使用感もいいので、使いやすいものが多いんです。

自然の力で肌本来の保湿力を取り戻し、乾燥しらずの若い肌を目指していきたいですね。

>>夏の乾燥肌にスッと浸透!違いを感じるオーガニック化粧品はこちら

 

肌に優しいオーガニックコスメ