無添加化粧品って何が無添加なの?無添加化粧品の秘密

「無添加」と広告に書かれた化粧品がどんどん出ています。

「無添加」と聞くととても肌に良さそうなイメージがありますが、moliはその言葉を信じて肌が悪化してしまった方も実際にみてきました。

もちろん、誠実に肌に優しい化粧品を作っている会社も多く存在します。

しかし、「無添加」と書かれている化粧品の全てが、肌に刺激のある全ての成分が無添加という意味ではありません

無添加化粧品って何が無添加なの?herb

「無添加」と書かれている化粧品の多くは、「旧表示指定成分が無添加」という事である事が多いです。

旧表示指定成分とは、アレルギーの危険性が高い102種類の成分を旧厚生省が「表示指定成分」としました。当時は化粧品の成分を表示する義務はありませんでしたが、「この102種類の成分は記載しなさい!」という決まりができたという事です。

化粧品は、2001年に全成分表示が義務付けられ、現在は使用されている全ての成分を表示することになり「表示指定成分」はなくなりましたが、アレルギー因子の高いものとして「旧表示指定成分」として懸念され、「無添加化粧品」として102種類の成分を使用しない化粧品が登場しました。

しかし、「旧表示指定成分」が入っていなければ、肌に負担がないわけではありません

アレルギー性を認めて表示義務があったのは102種類ですが、海外ではもっと多くの成分にアレルギー要因を認め表示成分とされています。その数は、アメリカでは約800種類、ヨーロッパでは約5000種類です。

そして、日本はたったの102種類・・・。

日本の多くの化粧品に使用されているPG(プロピレングリコール)ラウリル硫酸Naは、ドイツでは危険性が高いとされており化粧品への使用は禁止されています。

旧表示成分が無添加であっても、海外では危険とされている成分は使いたい放題なのが現状です。

パラベンが肌に悪いの?herb

「無添加化粧品」のほとんどがパラベン不使用の化粧品です。

パラベン不使用」という言葉が、肌に優しい化粧品の代名詞のように使わていますね。

しかし、パラベン以外の防腐剤にも同じようなアレルギーの危険性があるとされていますし、他にも多くの成分が肌への危険性を秘めています。

中でも有名なのがフェノキシエタノールという防腐剤です。

パラベンの使用を控えた「無添加化粧品」と名乗る化粧品の多くにこのフェノキシエタノールは配合されていますが、毒性はパラベンと大きく変わりませんしかし、旧指定成分には入っていないので、多くの化粧品会社がフェノキシエタノール配合の化粧品を無添加として販売しています。

フェノキシエタノールは本当に多くの化粧品に配合されています。

ドラッグストアやデパートの化粧品コーナーなどに行った時に、化粧品の成分を眺めてみると本当に驚きます。時間がある時に、ぜひ見てみてください。

日本には、この「無添加」という言葉に決まりが設けられていません。

つまり、何が無添加なのか表記さえしておけば、「無添加」という言葉はどんな化粧品も使うことができるのです。

「無添加」と書かれていると、つい「肌に優しそう!良さそう!」と思ってしまうのですが、言葉ではなく中身をしっかりと確認したいですね


まとめ

無添加」=「肌に負担のない化粧品」とは限りません

化粧品の成分が全成分表示になった事により、何が安心で何が良くないのかは自分で見極めなくてはいけなくなりました

ヨーロッパで指定成分とされている5000種類もの化学成分をすべて覚えておき、化粧品1つ1つをチェックしていくのが安心なのかもしれませんがそうもいきませんね。

アレルギー因子となる化学成分を避けようと思うと、行き着くのがオーガニック化粧品だと思います。

日本にはオーガニック化粧品にも規定がないため、海外のオーガニック認証を受けている成分を使ったり、化粧品そのものが認定を受けているものなど、しっかりと成分にこだわったオーガニック化粧品を選ぶことが大切です。

「無添加」「オーガニック」「自然派」などの、甘い言葉で化粧品を選ぶのではなく、あなたの厳しい目でしっかりと化粧品の本質を見極めて下さい

悲しいようですが、結局は自分の身は自分で守るしかありません。

>>肌に優しいオーガニック化粧品ランキング

 

 

肌に優しいオーガニックコスメ