敏感肌のごわつきが気になる!原因と対策はコレ

敏感肌の方の多くが感じたことがある肌のゴワつき。

一般的な肌のごわつき対策としては、ピーリングなどでケアするという方法もありますが、敏感肌さんには負担が大き過ぎ、新たな肌の赤みなどの原因になってしまうこともあります。

肌のごわつきの正体は「角質」です。

「なら、はやり落とすケアをしなければいけないのでは?」と思う方もいると思いますが、ちょっと待って下さい。

敏感肌の肌のごわつきの原因は? herb

必要以上に角質が厚くなる原因は、敏感肌による肌への刺激です。健康的な肌には、もともとある程度の角質層があり肌のバリア機能のバランスがうまく取れています。

しかしながら、敏感肌の場合はもともとの角質層が薄く、肌が外部刺激を受けやすい状態です。刺激を受けた肌は、肌を守るために角質を厚くしようとします。しかし、守る事だけに集中して角質を作ってしまうため、本来あるべきバランスは保つことができません。

さらに角質が薄いと肌の水分が蒸発しやすく、カサカサした肌になっていきます。

肌のカサつきが加わることにより、ごわつく感じはさらに加速してしまいます。

敏感肌のごわつき対策 herb

角質を正常なバランスに保ちゴワつきを改善するためには、

check 落とす
check 守る

スキンケアの基本であるこの2つを意識的に行う必要があります。

point1 落とす

ごわつき改善には、古い角質を落とす事が大切です。

落とすのに大切なのが、クレンジング洗顔です。

しかし、敏感肌さんの肌はデリケートなので、ゴシゴシこすると必要な角質や皮脂まで落ちてしまい、肌の赤みやかゆみが出てしまいますので注意が必要です

クレンジングは肌に負担の少ないミルククレンジングクリームクレンジングが良いと思います。

洗顔をする時にも泡をしっかり立て、泡を滑らせる感じで洗いましょう。

洗い流す温度は34℃くらいです。冬はちょっと冷たく感じるかもしれませんが、温度の高いお湯は肌の刺激になります。また、34℃という温度は、余分な皮脂が最も落ちやすい温度なので、負担なく肌を清潔にすることができます。

point2 守る

古い角質を落としたら、肌が再生しやすい状態をつくるために保湿をします。

肌のごわつきを感じる時には、表面には出ていなかったとしても皮膚の中はカラカラの状態です。

肌にしっかり潤いを与えてあげましょう。

スキンケアの基本は、水分を与えて、油分でバリアすることです。

ごわつきが気になる方の中には、クリームなどの油分を避けたがる方も多いのですが、敏感肌の角質層が薄いのを補い、不要な角質を作らせないためにもクリームなどでのバリアは必要です。

敏感肌用の化粧品も数多くでていますが、ケミカル成分が合わずに肌のゴワつきの症状が出ることもありますので、心あたりがある方は肌に負担が少ないオーガニック化粧品を試してみるのも良いかもしれません。


まとめ

敏感肌のごわつきは不要な角質を落として、正しいスキンケアをすれば改善することができます。

しかし、敏感肌になっている要因は様々で、ケミカル成分が合わないことが、敏感肌を悪化させていることも多いのも事実です。

残念ながら、あなたの肌に負担がなく良い効果をもたらしてくれる化粧品は、あなたが実際につかって見なければわかりません。誰かに良かったとしても、あなたに良いとは限らないのが敏感肌の辛いところですね。

ただ、同じような化粧品な化粧品ばかりに目がいくと、本当に合う化粧品に出会えないこともあるので、moliは広い視野で化粧品を見ていきたいなぁと常々思っています。

あなたのベストもきっと見つかるはずです。

>>肌に優しいオーガニック化粧品ランキング

 

肌に優しいオーガニックコスメ