精油に保湿効果はあるの?乾燥肌に効果的な精油はコレ

精油はアロマテラピーでスキンケアをするのに用いられたり、オーガニック化粧品の有効成分としても使用されています。疑問に感じるのが「精油に保湿効果があるのか?」という事ではないでしょうか?

「アロママッサージはマッサージオイルで保湿しているんじゃない?」「オーガニック化粧品は精油に保湿効果がないから乾燥する」などの噂もあります。

精油には、香りから得られる効果の他にも、様々な作用があります。もちろん、保湿効果のある精油もあります。

保湿効果がある精油は? herb

精油で乾燥肌をケアする場合、エモリエント作用や保湿作用のある精油を使用します。

エモリエント作用とは、皮膚からの水分の蒸散を防いで潤いを守って、皮膚を柔軟にする作用のことです。一番身近なエモリエント剤は皮脂です。皮脂だけでは、不十分な部分を補って肌に働きかけるのが役割になります。

reaf 乾燥肌に効果がある精油

緑の丸 カモミール・ローマン
緑の丸 キャロットシード
緑の丸 サンダルウッド
緑の丸 パルマローザ
緑の丸 フランキンセンス
緑の丸 ゼラニウム
緑の丸 ネロリ
緑の丸 シダーウッド
緑の丸 マンダリン
緑の丸 ジャスミン
緑の丸 ローズ
緑の丸 ローズウッド
緑の丸 ラベンダー

 

ずらっと精油の名前が並びました。まだまだありますが、有名どころを記載してみました。このように乾燥肌に効果のある、保湿作用やエモリエント作用がある精油はたくさんあります。

オーガニック化粧品は、これらの精油を適切にブレンドして保湿作用やエモリエント作用を上手に活用し、キレイな肌へ導いてくれるものです。ご紹介した精油が使用されているオーガニック化粧品を使用することで、乾燥肌を改善していくことが可能です。オーガニック化粧品は保湿効果がないというのは、精油のせいではありません。

ただ、オーガニック化粧品を始め精油の保湿効果は、ケミカル化粧品の保湿効果とは異なるアプローチです。ケミカル保湿成分は、即効性は感じますが肌そのものへのアプローチではありません。あくまで衰えた肌の働きを補助するものです。一方、精油を用いたオーガニック化粧品は、肌の保湿機能を上げていく事を目的としています

例えば、便利だからと車で移動ばかりしていると、体の筋肉は落ちて代謝も悪くなりますが、面倒でも少し早起きしてその道のりを歩くならば、筋力も付いて代謝も上がり、太りにくい体を作ることができます。

肌も同じ事です。便利でスピードを重視したのがケミカル化粧品、少し時間はかかるけれど確実に肌力をアップさせるのが精油を用いたオーガニック化粧品です。

そのため、オーガニック化粧品は使いはじめは保湿が物足りないと感じる方もいるのも事実。しかし、オーガニック化粧品を1ヶ月使い続けてみると、肌の力が強くなり生き生きしてくると感じる方が多いようです。

肌を健康な状態に導いて、肌本来の力を引き出すのが精油の保湿パワーなのですね。


まとめ

肌に負担が少なく香りからもアプローチできる精油の力は、医学的にも注目されています。”治療”という観点から精油を用いるメディカルアロマテラピーを取り入れているクリニックもあります。このようなクリニックはまだまだ数が少ないのが現状ですが、化学成分でアレルギー反応が起こる方が増えている現代社会において、いずれスタンダードな視点になるのではないかと思っています。

精油の保湿効果を感じやすい形にしているのがオーガニック化粧品です。ブレンドの手間もありませんので、まずはオーガニック化粧品で肌を元気にする精油の保湿力を試してみるのも良いと思います。

>>保湿の精油で肌が潤うオーガニック化粧品はこちら

 

肌に優しいオーガニックコスメ