オーガニック化粧品でアロマテラピーもできる?

植物の力で肌を元気にしていく化粧品がオーガニック化粧品ですが、植物の力をエキスや精油という形に変えて化粧品に配合されています。精油と聞くとアロマテラピーのイメージが強いかもしれませんね。

オーガニック化粧品とアロマテラピーには関係があるの?という疑問がわいてきます。オーガニックコスメを使用することで、アロマテラピーのような効果を得ることはできるのでしょうか。

オーガニック基礎化粧品のアロマテラピー効果は? herb

オーガニック化粧品で使用されている精油と、アロマテラピーで使用されている精油は同じです。

一般的にアロマテラピーは、香りの効果と、皮膚から吸収される成分の効果によって、体の不調を改善したり、美容効果やリラックス効果を得たりするものです。

アロマテラピーは、肌に直接付ける場合には、キャリアオイルと呼ばれるオイルで希釈して使用します。精油の力は意外と強いので、原液を肌に付けると肌荒れの原因となります。キャリアオイルにも、沢山の種類がありますが、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどが身近です。

一方、オーガニックの基礎化粧品の場合、化粧品の有効成分として精油を使用します。そのため、アロマテラピー程は強くありませんが、香りのリラックス効果と、皮膚から吸収するその精油の効果、どちらも得ることが可能です。

アロマテラピーは、精油同士の相性を考えた調合や濃度などを考える必要があるため、美容目的で使おうと思うと、少々面倒だったりもしますが、オーガニック化粧品は、精油の効果を得ながら美容に特化し使用感なども研究尽くされていますので、とても使いやすいです。

中には、精油の香りを強く感じることができるオーガニック化粧品もあります。そういったオーガニック化粧品ならば、香りのリラックス効果と共に、アロマテラピー同様に揮発した精油の成分を体内に取り込んで、体の中から肌を元気にすることもできます。

同じ植物の精油でも純度の違いがあり精油選びも重要なのですが、オーガニック化粧品の場合、精油選びからこだわりを持っている化粧品メーカーが多いです。中には、使用する精油自体も海外のオーガニック認定機関のオーガニック認定を受けたものしか使わないという、徹底ぶりのメーカーもあります。

オーガニック化粧品は原料選びも徹底的に行って、よい精油を使用していることが多いので、自分で良い精油を選んで調合して・・・をするよりも、手軽に精油の効果を得ることができると思います。


まとめ

オーガニックの基礎化粧品の香りは精油の香りなので、アロマ効果を得ることも可能です。オーガニック化粧品でケアしながらアロマテラピーに近い効果を得たいならば、なるべく香りの強いオーガニック化粧品を選ぶのが良いと思います。香りが強いものは、その植物エキスや精油の働きを感じやすく、高いリラクゼーション効果も得ることができます。

美容目的でアロマテラピーに興味があるならば、オーガニック化粧品から初めてみるもの一つの方法だと思います。スキンケアしながらリラックスできるので、美容効果も高まりますよ。

>>ローズの香りいっぱいのオーガニック化粧品はこちら

 

肌に優しいオーガニックコスメ