クレンジングで肌がヒリヒリする!ヒリヒリ解消には●●が大切

クレンジングをすると肌がヒリヒリすると感じている方は多いものです。

メイクをしない訳にもいかないので仕方がなくクレンジグをしているかと思いますが、肌への負担を考えるとこのままで良いのか悩んでしまいますね。

クレンジングはスキンケアの中で最も重要と言われます。理由は簡単です。しっかり肌の汚れを落とせなければ、その後にいくら良い化粧品を使っても、肌に入っていかないからです。それどころか、古い角質が溜まって肌トラブルの原因にもなります。

クレンジングで肌がヒリヒリする方は、クレンジング剤と、使用方法を見直してみましょう。

ヒリヒリ解消のクレンジング選びと使用方法 herb

check① ヒリヒリ解消のクレンジングを選ぶ

どんなクレンジング剤をお使いですか?

クレンジングと一言で言っても、拭き取るシートタイプ、オイルタイプ、リキッドタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなど様々な種類があります。

拭き取るシートタイプは、手軽に使用することができるので人気があります。しかし、どうしても肌に負担がかかってしまうので、使用するのはクレンジングに時間がかけられない時限定にしたいですね。

そして、使用している方が多いのがオイルタイプのクレンジングです。マスカラなどもしっかり落とすことができるので、とても便利ですね。でも、ドラッグストアで販売されているオイルクレンジングの成分をみると、界面活性剤やポリマーがたっぷり配合されています。「オイルだから肌に負担がかからなそう」というお声も聞きますが、オイルクレンジングこそ成分をしっかり確認しないと、肌のヒリヒリの原因になってしまいます。

肌がヒリヒリしにくいのは、ミルククレンジングやクリームクレンジングです。特にオーガニックのクリームクレンジングやミルククレンジングは肌への負担が少ない天然成分でできているので、肌がヒリヒリしにくいです。

moliも以前は手軽さからオイルクレンジングを使用していましたが、やはり肌がヒリヒリしてきてしまい、オーガニックのミルククレンジングに変えたところ、クレンジングの時にも肌がヒリヒリしなくなり安心してメイクを落とせています。

「ミルクタイプはメイク落ちが心配」という方もいると思いますが、最近のミルククレンジングやクリームクレンジングはメイク落ちも良いものが揃っていますし、オーガニックのクレンジングでもしっかりメイクを落とす事ができています。

ただ、どのクレンジングでも共通ですが、ウォータープルーフのマスカラなどを使用した時は、専用のリムーバーを使って優しく落としてからミルククレンジングを使用しましょう。

 

check② ヒリヒリ解消のクレンジング方法

マスカラが落ちにくいと、ついついゴシゴシ擦ってしまっていませんか?

確かにクレンジングでメイクや肌の皮脂をしっかり落とすことはスキンケアの基本ですが、擦ってしまうと肌への刺激になり肌がヒリヒリしたり、色素沈着の原因にもなります。

クレンジングで肌がヒリヒリする方の多くが、クレンジングに気合を入れすぎる事が多いようです。

クレンジングや洗顔、スキンケアで肌に負担がかからない力は、わずか1gまでと言われています。つまり、ほとんど力は入れてはいけないということです。

クレンジング剤を優しく伸ばし、なじませるだけでOKです。つまり、クレンジングを優しく馴染ませるだけでメイクや皮脂がしっかり落ちるクレンジングを選ぶことが重要という事ですね。


まとめ

クレンジングはスキンケアの中で一番こだわりたい部分です。

クレンジングが肌の負担になってしまうと肌は荒れてしまう一方なので、クレンジングはこだわりを持って選びたいですね。肌がヒリヒリしやすい方は肌がデリケートな方なので、特に成分などにも注意して選んだ方が良いと思います。

昔はmoliも「クレンジングはどうせメイクを落としたら流すし・・・」と軽視していました。でも、その軽い気持ちが肌あれを引き起こしていた事に後で反省した過去があります。たかがクレンジングと馬鹿にせず、化粧品を選ぶ時と同じように厳しい目で選びましょう。

>>>肌に優しいクレンジングランキング!メイク落ちもGOOD