季節の変わり目で肌荒れする!ポイントはコレ

季節の変わり目は、体調を崩しやすかったり、肌荒れが起こりやすい時期です。

季節の変わり目で肌荒れが起こる主な原因は気候の変化です。moliの住む関東地方でも、冬は0℃くらい夏は35℃くらいになりますので、一年の気温差は35℃以上もあります。

日本の四季は素晴らしいですが、この変化の大きさは肌にとっては負担でもあります。よく、海外で生活したら肌の調子が良くなったという話も聞きますが、気候が一定の方が肌には負担が少ないためだと考えられます。

気候の変化は肌にとってはストレスです。そのため、突然ニキビができたり、肌の赤みがでたり、肌がカサカサになったりします。

特に肌荒れがひどくなりやすいのは3月~4月の春先です。気候の変化に加えて、花粉も多く飛ぶので空気中に不純物が多くなり、肌への刺激も増えるのが原因だと考えられます。

季節の変わり目の肌あれを上手に乗り切るポイントは、

チェック 季節によって足りないものを補う
チェック 肌に負担の少ない化粧品
チェック 適度なスキンケア

の3つです。

季節の変わり目に負けない、元気な肌を目指しましょう。

季節の変わり目の肌荒れを乗り切るポイントherb

point1 季節によって足りないものを補う

春先は徐々に皮脂の量が増えてくるため、ニキビが増えやすい時期です。しかし、まだ肌のバリア機能が弱っている時期でもあるので、ミルククレンジングなどで優しく余分な皮脂を取り除くようにしましょう。

夏に向けては、紫外線が多くなり肌のダメージを受けやすい時期になります。朝の洗顔後のUVケアを忘れないようにしましょう。肌のターンオーバーを促進してシミの元となるメラニンを作らせないため、夜はしっかり保湿して肌を休ませてあげることも重要です。

暑くてスキンケアが面倒な時期ですが、ここでのスキンケアは秋以降の肌の違いに直結しますので、頑張りどころです。

秋にかけては、夏のダメージが肌に現れる時期です。毛穴が目立ったり、急に気温が下がり肌が乾燥してくるようになります。保湿に加えて、夏の肌の疲れを回復させるために、リンパの流れをよくするマッサージなどを取り入れたいですね。

冬は空気が乾燥するのに伴って、肌も乾燥しやすくなりますので、保湿に加えてクリームなどでバリア機能を補ってあげましょう。

 

point2 肌に負担の少ない化粧品

肌が弱っている季節の変わり目は、化粧品にも注意が必要です。

いつもは良い効果を感じる化粧品も、季節の変わり目は何だかイマイチ・・・という経験をされた方も多いものです。こんな時は、季節の変わり目の弱った肌にとっては、化粧品からの肌の負担が大きすぎる可能性がありますので、肌に優しい成分の化粧品を使ってみるもの良いと思います。

moliは、季節の変わり目こそオーガニック化粧品の出番だと思っています。原料を厳選したオーガニック化粧品は、季節の変わり目のデリケートな肌を元気にしてくれます。

 

point3 適度なスキンケア

季節の変わり目で肌が荒れてくると、肌を復活させようといつもよりもスキンケアを頑張ったりしませんか?実は、この頑張り過ぎも肌への負担になっているのです。

季節の変わり目で肌荒れが起きている時、肌は気温の変化についていけずとても弱っています。ここで過剰なスキンケアをしてしまうと、肌はより疲れてしまい肌荒れが一向に治らないという状況に陥ることもあります。

リンパの流れを良くするためのマッサージは効果的ですが、力を入れてゴシゴシこすったりすると肌はすぐに悪化してしまいます。

疲れた肌には、肌に負担にならない優しいケアを心がけましょう。

 


まとめ

季節の変わり目の肌はとてもデリケートなので、いつものスキンケア方法や化粧品では負担が大き過ぎる事があります。

肌は生き物です。いつも同じではないので、その時に必要なケアを見極める必要がありますね。

moliは季節の変わり目はオーガニック化粧品が有効だと思っています。余計なものを入れない、比較的マイルドなオーガニック化粧品を使うことで、肌に負担をかけずに植物の力で肌を回復へと導いてくれます。

季節の変わり目の化粧品選びで迷ったらオーガニック化粧品も視野に入れてみると、選択肢が一気に広がりますよ。

>>ゆらぎ肌にも優しいアジアンハーブのオーガニック化粧品はこちら

 

肌に優しいオーガニックコスメ