肌の色素沈着が気になる!色素沈着を改善する化粧品は?

色素沈着ができると顔に影ができ、一気に老けた印象を持たれてしまいます。色素沈着は、目の周りや口元、小鼻の周りなど、皮膚が薄い場所にできやすい傾向があります。

「一生懸命ケアしているのになかなか改善されない。それどころか悪化してる!」という声も聞き、簡単に改善できない肌トラブルの代表格でもあります。ただ、これは正しいケアをしていない事が原因です。色素沈着に適したケアをすることで、改善する事ができます。

色素沈着を発生させず改善してくれる化粧品とは、次の3つの条件を満たしてくれる化粧品だと思います。

チェック 肌への摩擦を減らせる化粧品

チェック しっかり保湿できる化粧品

チェック 抗炎症作用のある化粧品

 

肌は外部刺激を受けると、肌を守るためにメラニンを生成します。このメラニンが色素沈着やシミの元となるわけです。

本来、健康な肌では生成されたメラニンは体外に排出されるため、色素沈着やシミにはならないのですが、肌のターンオーバーが乱れてメラニンが排出されにくい状況になると、色素沈着やシミができてしまします。

メラニンは紫外線で生成されるイメージが強いですが、皮膚に刺激になるもの全てで生成されます。色素沈着の一番の原因は毎日のスキンケアにある事が多いです。

スキンケアの時に力を入れすぎてしまったり、肌に刺激になる化粧品を使用しても肌を守るためメラニンは発生してしまいます。肌をキレイにするために使っている化粧品で、色素沈着を引き起こすことは避けたいですね。

色素沈着を改善する化粧品とは? herb

check① 肌への負担を減らせる化粧品

スキンケアはどうしても肌への刺激をゼロにすることはできません。しかし、負担を減らすことは可能です。

肌の負担を減らす化粧品の大原則は、余計な成分はいれないという事だと思います。よく肌の刺激の原因とされる物にケミカル成分がありますが、全てのケミカル成分が悪ではないと思います。あなたの肌にとって負担にならなければ良いのです。

ただ、石油系成分は肌を荒らす可能性が高くなりますので、肌が弱い方は避けたい成分でもあります。

また、化粧品の使い方についても目を向けましょう。マッサージを前提としている化粧品の場合、力を入れ過ぎると色素沈着がひどくなるので注意が必要です。

check② しっかり保湿できる化粧品

保湿はスキンケアの基本であると同時に、最大の攻めです。保湿は色素沈着の改善にも、保湿は重要です。保湿をすることで肌のターンオーバーが正常に戻り、色素沈着が改善されていきます。

正常な肌のターンオーバーは28日です。これより早くても遅くても肌トラブルはおきます。色素沈着が起こりやすい肌は、肌のバリア機能が弱く肌への刺激が大きくなっていると考えられます。この場合、ターンオーバー周期は28日よりも短い事が多いのですが、保湿を十分にすることで比較的早くターンオーバー周期は整いやすい傾向もあります。

保湿と言っても、ただ肌に蓋をして潤っているように見える化粧品ではなく、肌の奥までしっかり浸透し、表面よりもお肌の奥が潤う化粧品が理想的です。化粧品を選ぶ時にも、保湿がしっかりできる化粧品かどうかを基準に選びましょう。

また、化粧水を付けるときに肌に叩き込むのは、肌刺激が大きいため色素沈着の原因となるので避けましょう。同じように、アイメイクをクレンジングで力いっぱい落としたり、アイクリームを力で塗りこむのも逆効果です。

スキンケアの基本は、優しくトントン(目元)、ジワー(顔全体を手で包み込む)です。

check③  抗炎症作用のある化粧品

色素沈着は肌の炎症が原因なので、炎症を抑えられる化粧品である必要があります。

炎症を抑える成分と効くとケミカル成分を思い浮かべますが、抗炎症作用がある精油を使ったオーガニック化粧品を遣うという選択肢もあります。

<番外編> リンパの流れをよくする

色素沈着を改善するには、皮膚の刺激によって作られたメラニンの排出を促す必要があります。肌の老廃物を流しているのがリンパです。

スキンケアの後に、耳の後ろからデコルテにかけてのラインを流す事で、メラニンの排出を助ける事ができます。ホホバオイルなど肌に優しいオイルを使ってリンパマッサージをすると、更に良いですね。


まとめ

色素沈着は、間違った化粧品の選び方やスキンケア方法が大きな原因です。

肌の持っているターンオーバーの働きを正常に戻してあげることによって、シミと違い色素沈着の段階ならば比較的早く改善が見られます。

化粧品選びもスキンケアも「肌に負担をかけない」という事を基準にするとわかりやすいです。ケミカル成分が肌の負担になる方には、オーガニック化粧品もよいですね。肌自体を元気にしてくれるオーガニック化粧品は、色素沈着にも変化が見られる化粧品だと思います。

>>肌の本来の力を取り戻すオーガニック化粧品はこちら

 

肌に優しいオーガニックコスメ