オーガニック化粧品は界面活性剤も不使用なの?

敏感肌の方が肌のために気にする成分の1つが「界面活性剤」です。

界面活性剤はシャンプーやクレンジング剤の洗浄剤として使用されたり、クリームの乳化剤として使用されている成分で、実はとても身近にあるものです。

界面活性剤の成分が肌に良くないと言われる原因は、洗剤やシャンプーに使われていると洗浄力が強すぎるため肌を荒らす危険性があります。また、界面活性剤は皮膚に浸透し、血管の中に入り込み体の中にも浸透するため、体に害を及ぼす危険性があるとも言われています。

オーガニック化粧品には界面活性剤が使用されていないか?と言われれば、そうは言い切れません。

クリーム様の保湿材を用意しているオーガニック化粧品は、ほとんどの場合、乳化剤として界面活性剤を使用しています。ただし、オーガニック化粧品で用いる乳化剤としての界面活性剤は、天然由来のものです。

オーガニック化粧品の界面活性剤って? herb

オーガニック化粧品で使用される界面活性剤は主に、レシチンやラノリンという成分です。

レシチンは、マヨネーズをつくる時に酢と油を混ぜ合わせるのに使う卵に含まれている成分ですので、体に入っても安心です。ただ、オーガニック化粧品に含まれる「レシチン」は、ダイズから作られるものが多いです。

また、とても似た名前の「水添レシチン」を使った化粧品を見かけることもあるかと思いますが、水添レシチンは厳密には100%の天然成分ではありません。しかし、非常に天然成分に近く、肌に負担が少なく安全性が高いため多くの自然派化粧品で使用されています。

ラノリンは、羊の毛から作られる成分で、洗浄した天然の羊毛から羊毛脂を精製したものです。羊の毛から採るの?と思われがちですが、ラノリンは無害で安心で環境にも優しい成分です。保湿効果も高いため、クリームの原料としても使用されている成分なので安全性は高いです。ドイツのオーガニック化粧品に多く使用されています。

オーガニック化粧品では、この2つの他にも植物の特性を利用して化粧品の乳化をしています。オーガニック化粧品の界面活性剤は、肌のことを考えた成分を使用しているのです。


まとめ

「界面活性剤は肌に悪い」とは、一概には言えないと思います。オーガニック化粧品にも使用感や効果をあげるために界面活性剤は使用されていますが、肌への優しさを考え厳選した成分が使用されています。

しっかりと選び抜かれた原料を使用しているオーガニック化粧品に出会うと、天然界面活性剤の良い働きも理解できるかもしれません。

肌に良い効果をもたらしつつ、刺激がない化粧品をしっかりと吟味して使用したいですね。

>>世界最大級「エコサート」認証の安心オーガニック化粧品はこちら

 

肌に優しいオーガニックコスメ