オーガニック化粧品とは?オーガニック化粧品の見分け方

肌に優しいと話題になっているオーガニック化粧品ですが、オーガニック化粧品ってどんな化粧品の事をいうのでしょう?

オーガニック化粧品と同じように肌に優しいイメージのある「無添加」「植物由来成分」の化粧品もありますが、これらはオーガニック化粧品とは全く別のものです。

そもそもオーガニック化粧品とは何なのでしょうか。そしてオーガニック化粧品の見分け方はどうすればよいのでしょうか。

オーガニック化粧品とは?herb

オーガニック化粧品とは、一言で表現すれば、「農薬や化学肥料を使わずに育てた原料を使った化粧品」です。自然由来の成分なので肌に優しいとも言われますよね。

しかし、オーガニック化粧品についての法律はなく、日本では近年やっとオーガニック化粧品の認定団体ができてきました。そのため、オーガニック化粧品については厳密な規定がないのが現状で、ほんの少しオーガニック原料を使用しているだけでも「オーガニック化粧品」と名乗る事も可能です。

オーガニック化粧品と銘打っていても石油由来成分を含む化粧品も存在しますので、オーガニック化粧品を選ぶ時には成分チェックを忘れないようにしましょう。

まだまだオーガニック化粧品は馴染みのないものではありますが、古来から化粧品として使用されてきた安全性の高い成分のみでできているオーガニック化粧品は、お肌に悩む女性を救うことができると考えられています。

化粧品の利便性や使用感を優先していった結果、石油由来成分が化粧品に使用される事が多くなり、それに連れて肌トラブルを訴える人が増えていきました。

今のオーガニック化粧品の原点は、フランスの薬剤師の方がこのような症状に悩む一人一人に合わせて自然成分を調合して作った化粧品だとも言われています。

オーガニック化粧品は原料の確保が難しく、成分を抽出するのにも手間がかかりますので、ケミカル化粧品に比べると値段が高くなるのが困ったところですね。

ただ、古来から人々が行ってきたように自然成分で肌を整えていくことは、体や肌に負担のない方法なのかもしれません。オーガニック化粧品には様々な可能性が秘められていると思っています。

オーガニック化粧品の見分け方herb

先ほどお話させて頂いたように、日本ではまだまだオーガニック化粧品の認定団体も少ないのが現状です。また、海外でも認定団体によって認定基準は様々です。

認定団体のオーガニック化粧品認定は指標にはなりますが、はやり自分の目で成分を確認するのが大切だと思います。

全成分確認するのが安心ですが、見られない成分名もあり全て覚えるのは大変です。簡単に確認できる、オーガニック化粧品を選ぶときに注意したいポイントをご紹介します。

 

check① 石油由来の防腐剤は不使用?

まず確認すべきはパラベンが含まれていないかどうかです。パラベンは旧表示指定成分の1つで、不使用の化粧品も増えてきました。パラベンには、メチルパラベン・エチルパラベン・プロピルパラベン・ブチルパラベンなどの種類があります。

ただ、パラベンは不使用であっても、同じ石油系の防腐剤である、フェノキシエタノール、フェニルアラニン、ジメチコン、ベンジルアルコールなどを使用している化粧品がほとんどです。

オーガニック化粧品で使用されている防腐剤は、防腐効果のある植物から抽出したエキスやオイルを使用しています。代表的なものがローズマリーやティトリー、ヒノキチオール、セージなどです。

 

check② 合成界面活性剤は不使用?

本来混ざり合うことのない「水」と「油」を混ぜ合わせる働きを持っているのが界面活性剤です。クレンジングや洗顔料、シャンプーの洗浄成分として、そして乳液など乳化剤として用いられています。

合成界面活性剤は、皮膚奥に浸透して皮膚のバリアを壊してしまい、乾燥肌や敏感肌になることが懸念されています。

合成界面活性剤には様々な種類がありますが、多くの化粧品に使われている代表的なものは、ラウリル酸硫酸ナトリウム、PEG(ポリエチレングリコール)-、セテスー、クオタニウムーなどがあります。

難しいカタカナと数字の組み合わせの成分は少し警戒しましょう。

オーガニック化粧品では、水添レシチンという天然成分に近い乳化剤を使用していることが多いようです。水添レシチンも天然成分ではありませんが、安全性の高い乳化剤と言われています。100%天然成分の乳化剤というものは、まだ見つかっておらずオーガニック化粧品の課題です。

 

check③ 石油系オイルは不使用?

石油から合成された油剤を使用すると使用感が良くなるため、多くの化粧品で使用されています。

化粧品に使用されている石油油剤の代表的なものには、イソステアリン酸イソプロピル、イソステアリン酸オクチルドデシル、リシノレイン酸オクチルドデシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸エチレングリコールなどがあります。

オーガニック化粧品の油分は植物オイルです。ホホバオイルやアーモンドオイル、アルガンオイルなど、植物名のオイルが使用されています。

 


まとめ

一言でオーガニック化粧品と言っても認定基準は認定団体によるため、成分を自分の目でしっかりと確認することが大切ですね。

見分け方について色々と書きましたが、オーガニック化粧品の簡単な見分け方は植物の名前がついた成分かどうかです。長いカタカナの成分は高い確率で合成成分です。

オーガニック化粧品という名前に惑わされず、選ぶならば本当の意味でのオーガニック化粧品を選びたいですね。

>>オーガニック化粧品ランキング

 

肌に優しいオーガニックコスメ